*
「ハンサム食堂の夜」
*
仕事から疲れて帰って来ると伯子からの電話。
「今から一緒にご飯食べない?とんでもない話があるの」
もう今日は早めに寝ようと思っていたのだが、
結局とんでもない話を聞くために駅前まで自転車を走らせた。
*
その話はホントにとんでもなく不思議な話だった。
残念ながら内容は此処に書く事はできない。
*
まさに事実は小説よりも奇なり。
ハンサム食堂の窓から見える景色にふさわしい話だった。
*
*
2002.7/24
*
*
*